生え際白髪でお悩みの方におすすめの女性用白髪染め見つけました

白髪染め後にオイルパックでケア

白髪染めを使用すると髪がパサついたり枝毛が増えることがありませんか。

 

ヘアカラーは髪を保護しているキューティクルを開いて色を入れているので、髪の力が低下してパサつきや枝毛になるのです。

 

髪を傷めないようために、白髪染めの使用頻度は2か月に1回程度にします。

 

それでも髪が傷んでしまうことがあります。

 

そんなときはオイルパックをしてみましょう。

 

染めた後にケアすることで髪の回復を助けることができます。

 

アボカドオイル、オリーブオイルなどさまざまなオイルがありますが、髪のオイルパックにはホホバオイルを使用します。

 

ホホバオイルには黄色いものと透明のものがあり、黄色いものは未精製、透明のものは精製してあるものです。

 

どちらを使っても構いません。

 

パックをするのは白髪染めを使用した翌日です。

 

手のひらにオイルをとって温め、頭皮全体に塗布してマッサージします。

 

ゴシゴシこすらず、指の腹を使って優しくマッサージをします。

 

血行が促進することで頭皮の状態がよくなります。

 

もう一度手のひらにオイルをとって髪全体になじませ、15〜20分ほどパックします。

 

髪になじませるときに髪をもむと、髪の絡まりや痛みの原因になります。

 

その後にシャンプーで洗い流します。

 

数日続けていると髪がツヤツヤになってきます。

 

白髪染めランキング

室温を意識してきれいに白髪染めを行う

 

自宅で白髪染めを行ったことのある方ならば、髪全体がうまく思い通りの色に染まらなかったという方も少なからずおられるのではないでしょうか。

 

そこで、自宅でもきれいに白髪染めを行うためのコツをひとつご紹介いたします。

 

それは、室温や気温を意識するということです。

 

そもそも白髪を染めるだけなのに、部屋の温度や外気の温度など関係あるんだろうかと思ってしまいがちですが、実は大いに関連性があります。

 

およそ白髪染めというものは、気温ないし室温が極端に高かったり低い状態だったりすると、色が通常通りに染まりづらいのです。

 

大抵の家庭用白髪染めは、室温が20℃から30℃程度を想定して製造されています。

 

つまり、それより温度が低くくても、高くても、白髪染めが本来有する効果をしっかりと発揮できない状態に陥ってしまうのです。

 

ですから、まず自宅で白髪染めを行う際はエアコンなどを活用して、室温調整をしっかりと管理した上で薬剤を髪に塗布するようにしてみてください。

 

今まで室温のことを気にかけず、白髪染めを行ってきた方は是非とも今後は商品に付属している取扱説明書を読み、そこに記載されている適温をきちんと意識した上で、髪を染めてみましょう。

 

以前とはまったく仕上がりが異なってくるはずです。

自然に染まる白髪染めを使用した私見

 

初めての白髪染めは市販の白髪染めを使用しました。

 

それは、うまく染まらないのとそこかしこを汚してしまうというデメリットがあったためにそれからはずっと床屋で白髪染めをしていました。

 

大体2カ月に一度くらいのスパンで白髪染めをしないとかなり白髪が目立って老けて見えることになってしまいます。

 

ラジオか何かのコマーシャルを聞いて、シャンプーのように使っている内に自然に白髪が目立たなくという商品に興味を持ちました。

 

理由は二つあります。

 

一つ目は床屋で白髪染めをするよりもかなりコストダウンができると感じたからでした。

 

そしてもう一つは実は頭皮が少し弱いのか床屋で白髪染めをしてもらうとその時に頭皮がかなりピリピリするのと白髪染めをした後の数日間がかなり頭皮のかゆみが出るのが、この商品ですと刺激が少ないと考えられたからです。

 

お試しのキャンペーンをやっていたのでさっそく使用してみました。

 

久しぶりに自宅で白髪染めをしたのですが、昔と比べるとシャンプーのように使えるのはやはり簡単でありがたかったです。

 

そして、染まり具合ですが、これはかなり不満が残りました。

 

規定通りの回数をしっかり使ったのですが、やはりプロの白髪染めに比べると質感も染まり具合も到底満足のいくものではありませんでした。